« 肉食系の | トップページ | 冬来りなば春遠からじ »

2012年2月 2日 (木)

準備万端 ♪

092_5 
春が立つ、立春の前日が節分。

冬から春を迎える人々の慶び、「豆撒き」の楽しい行事は、室町時代の頃から行われるようになったとか。

夷川通り柳馬場通りにお店がある「豆政」さんの「のりかけ豆」が家族みんなのリクエスト。

このお店のお豆はかりりと歯切れよく、香ばしくみんなの好きなあじ。

30種類以上の豆菓子や色鮮やかな五色豆が並ぶ香ばしいにおいで満ちた店内は、お豆さんのデパートのよう、月しろなどのお菓子も見逃せません。

白、黄緑、紅のほこっとした「豆三昧」もティータイムのおたのしみに。

落花生に生姜、抹茶、紫蘇のあじの砂糖がまぶされた愛らしいお菓子は、やさしいあじわいです。

101_4
こちらは、南禅寺の参道沿いに湯豆腐のお店を構えられる「順正」さんからいただいたお豆。

選ばれた豆腐用大豆で作られた招福豆は吉田神社のお祓いお清めされたものです。

噛むほどに豆本来の豊かなあじわいが堪能でき、滋味溢れる豆の力を感じます。

鬼の代表格は、都で大暴れし貴族の娘をさらった酒呑童子のおはなし、
秦氏が京に都を誘致し、辺地に追いやられた先住民、為政者に従わぬものが都での騒ぎを起こし、鬼とされ、、、という歴史のいわれもご亭主のメッセージから知ります。

また、「順正」さんでは、桂三枝さんが音頭をとられる湯豆腐食べくらべ大会が2月下旬に行われ、舞妓さんや芸妓さんがおちょぼ口に湯豆腐を運ぶ光景は冬の京都の風物詩。

今年は2月20日(月)開催、申し込みは2月3日まで
申し込みはコチラ → http://www.to-fu.co.jp/jp/blog/tabekurabe/

087

明日の節分に向けてわが家は準備万端 ♪

あとは、鬼とおかめのお面の争奪戦です。

096

豆政 京都市中京区夷川通柳馬場 075-211-5211
寺順正 京都市左京区南禅寺草川町60 075-761-2311

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 肉食系の | トップページ | 冬来りなば春遠からじ »

京都のお店」カテゴリの記事