« 永遠の永遠の永遠・その2 | トップページ | 春呼ぶうつわと »

2012年2月23日 (木)

永遠の永遠の永遠 展へ・その1

021_3

国立国際美術館で催されている「草間彌生 永遠の永遠の永遠」展を観てきました。

草間ワールドへの入り口からもうわくわく。

003

いっせいの水玉、水玉にウキウキします。

020_2

017_5

展示の中にはオブジェが飾られた空間を体験でき、年齢問わずそこに身を置く人の顔が笑顔ではじけます。

童心にかえるような不思議な感覚。

037_2

029_4

いのちある限り描いて描いて描きまくる、という80歳を過ぎてエネルギーほとばしる制作意欲、活動。

何ものにもとらわれない自由で想像力が泉のように溢れるみずみずしさ、草間さんの生命そのもののような作品にたっぷり触れ元気をいただきました。

草間彌生 永遠の永遠の永遠 4月8日まで
国立国際美術館 大阪市北区中之島4-4-55 06-6447-4680

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 永遠の永遠の永遠・その2 | トップページ | 春呼ぶうつわと »

美術館・博物館」カテゴリの記事