« 新春の桜田さんへ・その1 | トップページ | 光合成 »

2012年1月25日 (水)

新春の桜田さんへ・その2

020_2

新春の桜田さん、八寸はお正月の名残と春の便り感じるものでした。

黒豆、たたき牛蒡、かぶらのこぶ巻き、卵カステラ、春菊と蓮根の白和え、八幡巻き、鰆の幽庵焼き。

ふわりとした卵カステラ、濃厚で口当たりなめらかな白和え、あつあつほろっとした鰆、おいしいね、を口々に言いながらいただいた八寸です。

豪華なひと皿、数の子、若芽、菜の花、蟹。

蟹味噌で和えられた蟹、おいしい!

021_3

くわいまんじゅう、厚揚げ豆腐、堀川ごぼうの葛あんかけ。

おろして素揚げされたくわいまんじゅうにとろりとした葛あんにおろし生姜でポカポカ、冬の歓びを感じます。

023_2

海老芋、金時人参、大根のごはん。

素揚げの海老芋の食感がほこほこ、おだしのあじわいをたのしめるごはん。

生麩の入った赤だしがまたまた美味しい。

香の物は千枚漬け、からし菜、白菜。

025_3

027_3

デザートの搾り立ての林檎ジュース、苺、メロン、ほうじ茶のブラマンジェ、食感の素晴らしいグレープフルーツゼリー。

028_2

椿がかたどられたきんとんとお薄。

さっぱりした甘みが〆にふさわし繊細なあじわいのきんとん。

最初から最後まで桜田さんのスピリッツがこめられたお料理、しつらえは、美しい絵巻物を五感でいただく気分にさせてくれます。

032_3

桜田 京都市下京区烏丸仏光寺東入る 075-371-2552

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 新春の桜田さんへ・その1 | トップページ | 光合成 »

京都ごはん」カテゴリの記事