« 福豆 | トップページ | 旅ゴコロ »

2012年1月 5日 (木)

花器にときめく

109

西井久芳さんのうつわに若松と南天を。

水際がたのしい。

何も言わなければ金物かと思ってしまうけれど実は陶器、という色合い質感の花器です。

すっきり凛としたフォルムはどんな草花も伸び伸びと受けとめてくれそう。

花の稽古の後、お茶室に先生が草花木たててくださるのがこの西井さんの花器に。

茶室の空間に調和していて自然たたずみ、草花木の表情を豊かにみせてくれるところにいつも魅了されていました。

だから、初夏にお願いした花器が晩秋に信楽から届いた時には箱をどきどきしながら開けました。

よい年になりますように、と願いながら花を入れました。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 福豆 | トップページ | 旅ゴコロ »

閑休話題」カテゴリの記事