« 冬を感じるものは | トップページ | 朝は詩人?! »

2011年12月16日 (金)

来年のあじを探して

010_3

がらがら、っと戸を開けると芳醇、香ばしい、まろやか、味噌の持つさまざまな香りがいっぺんに鼻先に飛び込んできて、なんともいいにおい。

もうすぐお正月。

京都のお雑煮といえば白味噌。

私の生まれ育ったのは徳川家康の故郷である愛知県の岡崎のすぐ近くで、八丁味噌や赤味噌が身近、白味噌は京都へ来てからふだんも口にするようになった食材。

ちなみに私の実家のお雑煮は鶏だしのすまし仕立て、鶏肉、人参、大根、ほうれん草、焼いた四角いお餅をのせたものでした。

だから白味噌の雑煮は毎年初心者マーク。

お雑煮用に白味噌がたくさん店先に並ぶ季節になると、いろいろな白味噌をいただいてみるのがたのしみなのです。

014_2

今回は、江戸の頃から160年以上御幸町通りに暖簾を掲げる「関東屋」さんで。

このお店を選んだのは、友人のおうちでいただいた豚汁がほっぺたが落ちそうなほど美味しかったからで関東屋さんのお味噌と教えてもらいました。

比良山系がら流れる良質な水が使われ、麹は人の手で丹念に育まれ、選び抜かれた塩と大豆が使われ、京の多くの料理人に愛されてきた味噌。

さて、雑煮用にまろやかで甘さは控えめなのが好み、と伝えると関東屋傳承白味噌という創業当時からの製法を元につくられた白味噌をすすめてくださいました。

あとは、丸餅、京人参(金時人参)、大根、海老芋、ほうれん草、糸削りのかつお節をたっぷり準備、準備 ♪

016_3

豚汁用にみやこ味噌と赤味噌がブレンドされた、豚汁とんとん、というお茶目な名前のお味噌もいただき、来年の支度、冬支度に思いを膨らませました。

関東屋 京都市中京区御幸町通夷川上る 075-231-1728

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 冬を感じるものは | トップページ | 朝は詩人?! »

京都のお店」カテゴリの記事