« 南禅寺の紅葉便り・その2 | トップページ | 永観堂のもみじ便り・その2 »

2011年12月 3日 (土)

永観堂の紅葉便り・その1

128_3

禅林寺の通称永観堂は、平安初期に空海の高弟子であった真紹が都における実践道場の場として建立したのがはじまり。

1100年余りの歴史を持つ古刹は「もみじの永観堂」の名で親しまれています。

唐門の透かし模様から覗く唐紅、燃えるような美しさ。

125_4

そっと振り返りほんのり微笑む鎌倉初期からたたずむ、みかえり阿弥陀がこのお寺の本尊でとても有名。

優美な姿、やさしい表情が好きで、私は時折訪ねます。

092_5_2

永観堂の境内は紅葉のさまざまな色に染まり、どこを見てもしっとりした風情。

137

東山の麓にたたずむ境内、竜臥廊などはむき出しの山肌の切り立ったところにあります。

東山は錦繍。

148

京都の街を一望できる多宝塔も錦につつまれています。

209

ここにいると、自分自身が朱や紅、黄金色に染まっているのではないかと思うほど。

150

お寺の総門をくぐると圧倒的な鮮やかさに出会います。

この奥は庭園。

098_4

永観堂 京都市左京区永観堂町48 075-761-0007

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 南禅寺の紅葉便り・その2 | トップページ | 永観堂のもみじ便り・その2 »

京都神社・お寺・観光」カテゴリの記事