« クリスマスに間に合えば | トップページ | メリー・クリスマス »

2011年12月24日 (土)

レ・シャンドールでクリスマスランチ・その1

018_5

ひと足早いクリスマスをあじわいに、大好きなお店フランス料理「レ・シャンンドール」へ。

田島シェフの手から生まれるフランス料理は、洗練されたあじわいでひと皿ひと皿に口福を運んでくれます。

しっかりしたクラシカルさがありながら、素材のもちあじを生かし現代風に軽やかで繊細なクリスマスのお料理は、、、

019_5

アミューズは、ふわふわで滑らでふわりと舌の上で溶ける蟹みその入った蟹のフラン。

026_3

オードヴルは冷製、温製あわせて11種類のなかから選ぶことができ、どれも魅力的でとても迷う。

レ・シャンドールの銘品オードヴルの盛り合わせは新鮮な海の幸を堪能。

さっと炙られた牡蠣のキャビアのせ、帆立貝といくら、蟹とウニ、ぐじのマリネ、とろりとしたとこぶし、ひとつひとつ異なるソースがうっとりするほど美味しい。

035_2

光に透かしてみたくなるゼリー寄せの美しさ。

蟹、海老、車海老、ヤリイカ、帆立貝など海の幸のフリカッセ サフラン風味、蕪のソースがまたまた美味。

031

パテ、テリーヌの豊かなサラダ。

うずらにピスタチオやナッツの香ばしさが込められたパテやうずらのおいしさ引き立つリエットなど。

027_3

オマール海老のビスク、コクうまみ、風味、まろやかさが一緒に口の中に広がり、スプーンでのひとすくい、ひとすくいに感嘆をもらしながらいただきました。

038_2

いつもどのお皿に感動をくれるレ・シャンドールのお料理。

その2につづきます。

レ・シャンドール 京都市中京区柳馬場通蛸薬師上る 075-255-2277

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« クリスマスに間に合えば | トップページ | メリー・クリスマス »

京都ごはん」カテゴリの記事