« 薬師寺 ふたたび | トップページ | 薬師寺大宝蔵特別公開 秋展 »

2011年11月 3日 (木)

玄 ふたたび

089_2

友人のリクエストで「玄」へふたたび訪れました。

この前私は訪れたばかりなのに、、、と友人は遠慮がちだったけれどでも熱烈なリクエスト。

私はこの研ぎ澄まされた蕎麦、繊細な蕎麦はすごくオススメ、自分もいくどでもいただきたいから大歓迎!と喜び勇み予約しました。

とろんとろんのねっとりした蕎麦がきはスプーンで掬い山葵、少し甘辛い醤油たれとともにいただきます。

もっちり濃厚で、蕎麦の香りふんだんに、今までいただいたことのない蕎麦がきは今でも思い出すとまた食したくなるクセになってしまうあじわい。

蕎麦豆腐は雲丹のせと湯葉のせ。

きりっと冷えつるりとした絹のようななめらかさ、弾力ある食感、雲丹、湯葉、山葵、大徳寺納豆の塩み。

いくらでもするりするりと入ってしまう。
086

085_4

音楽家でもあるご主人が毎日配合を変え、打ち方も変えられる蕎麦。

バッハの旋律を奏でるように蕎麦をお打ちになられるのかな、なんてちょっと想像してしまいます。

繊細で洗練されたあじわいのせいろ。

080

蕎麦のうまみを豊かにあじわえる田舎蕎麦。

082_3

この蕎麦湯毎日いただきたいなー、のとろりとした蕎麦湯。

083_2

予約の取りづらいお店、次はもうなかなかチャンスはないから、なんて言いながら時空けずにまた口福のひと時を過ごしました。

096

玄 奈良市福智院町23-2 0742-27-6868

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 薬師寺 ふたたび | トップページ | 薬師寺大宝蔵特別公開 秋展 »

奈良」カテゴリの記事