« 京都御所で、秋 | トップページ | 鹿ヶ谷にて五人展 »

2011年11月18日 (金)

お得感あり、お昼蕎麦弁当

054_2

蕎麦屋「つるや」は、洛中、河原町通りから二本東に入ったところにお店があり、ひっそりたたずむこぢんまりした店構え。

けれどお昼12時のお昼の開店の頃は長い行列ができ、暖簾がかかると同時にカウンター席も座敷の2テーブルもあっという間に埋まってしまう人気ぶり。

そんなお店のお昼の人気ごはんは…

毎朝ご主人が打白いつややかな更科蕎麦は、きりっと冷たく歯ごたえのある食感。

上品なあじわいのだしとともに。

050

カウンターの向こうから聞こえる天ぷらを揚げる音に耳を澄ませ待っていた、からり、さくっとした海老、蓮根、茄子や万願寺唐辛子。

052_2

できたてほかほかのふんわりだし巻き卵、ひじき、香のもの、メインは揚げ出し豆腐のあんかけ。

かつおのたたきだったりかりっと焼かれ柚胡椒のきいた焼き鳥のこともありました。

051_5

蕎麦、天ぷら、だし巻きや日替わりのおかずの入ったお昼限定10食ほどのつるや弁当。

お重を開けるのがわくわく、ごはんとくだものがつき、お蕎麦は温かいものや大盛りを選ぶことができます。

すごくお得感ある充実のお昼弁当を目指し、暖簾がかかる前から並ぶ人も多いようです。

山野草や釣りがご趣味で静かな雰囲気のご主人とくるくるよく動かれにこにこ接客される奥様がもてなしてくださるアットホームな雰囲気のつるや。

暖簾をくぐりながら、ついただいま~、と言ってしまいそうになります。

049_3

つるや 京都市中京区土手町通夷川上ル鉾田町299-3 075-212-3561

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 京都御所で、秋 | トップページ | 鹿ヶ谷にて五人展 »

京都ごはん」カテゴリの記事