« 染まり始め | トップページ | 唐招提寺で見つけた秋 »

2011年10月23日 (日)

スマートガイドで唐招提寺

022_3

奈良のマンホールかわいらしい絵やな~、と目を落としたり、秋篠川でおたまじゃくしを見つけ道々歩く息子との奈良道。

(マンホールは他にも網代柄などの幾何学模様も数種類あるようでもしかしたら場所ごとに柄がいろいろあるのかな、と思ってしまう凝りようです)

西の京の唐招提寺でスマホを借りました。

「世界遺産・唐招提寺との新たな出会いを「スマートガイド」が演出します」というもの。

たまたま朝のニュースで、「若い世代の人にも興味を持ってもらう糸口になってほしい」とお寺の方が仰っていたのが印象的で、私も息子も興味津々です。

渡された地図に添ってポイントをまわり、カメラで標識を認識、すると画像と音声で見どころや歴史をガイドしてくれる、というもの。

029_3

このガイドがとてもよかった!

今目にする仏像や観音像がもともと極彩色でからだはまばゆいほどの金箔で覆われていたことがCGの映像で見られたり、

薬師如来像のからだの中からは当時のお金が出てきたことが説明されたり、

うちわまき会式の様子が映し出されたり、

折々の四季の唐招提寺が見られたり、と。

地図に添って次は?とずんずんいつの間にかぐるりと歩いていました。

また奈良の寺社仏閣や美術館などにはボランティアガイドの方がいらっしゃり、そっと様子を伺いながら手を差し伸べてくれます、押しつけがましくなく。

今回も千手観音の手を懐中電灯で照らしながら説明してくださったり、天平の甍のはなしを子どもの興味を引くようにそっと近づいていらして話してくださいました。

こんな人の温かさも奈良をどんどん好きになってゆく魅力のひとつです。

唐招提寺 奈良市五条町13-46 0742-33-7900

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 染まり始め | トップページ | 唐招提寺で見つけた秋 »

奈良」カテゴリの記事