« 手塚祥堂陶苑さんへ | トップページ | 猿の惑星 »

2011年10月17日 (月)

口福マジック

111_4

清水焼団地の陶器市「清水焼の郷まつり」で手塚祥堂陶苑さんで買ったものいろいろ。

ひとつめ、仙人と竹が描かれた香合。

小さなつまみは人がた、かたちもすっきりしていてきれいです。

香りだけではなく、キャンディーやチョコレートを入れてみてもいいかな。

ふたつめ、独楽文のお皿。

昨年は水色のみのくるくるっとしたシンプルな線で描かれた独楽文のお皿を見つけ、大活躍中です。

今年は淡い水色に朱色の線が引かれたかわいらしいお皿を発見。

ラズベリーのタルトやいちご、林檎、サクランボなど赤い食べものをのせてみたいと思いました。

104

みっつめは波頭龍文が透かしになっている白磁の中皿。

来年は辰年、何か干支ものはないかナと思っていたら家人が見つけました。

波のなかに龍が舞っていて、お皿のかたち、少し高台になっていています。

家人は棒寿司など似合いそうと言ってます。

端正な雰囲気のお皿なので、干菓子などのせてみたいな。

092_3

よっつめ、茶碗。

干支のものがいろいろあり、馬が大好きな私は手のひらにのせたら元気な気分になりそう、とこのお茶碗を。

学校へ行っていた卯年の息子にはうさぎが跳ねる茶碗を持って帰りました。

両方ともお薄のいただける茶碗です。

たぶんわが家ではふだんづかいにして、白いごはんや、フルーツを落としたヨーグルト、ひと口蕎麦…幅広くどんどん使います。

110

うつわは、食卓をいく倍にもいく乗にも彩ってくれる口福マジック。

テーブルに花が咲きます。

手塚祥堂陶苑 075-581-9678

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 手塚祥堂陶苑さんへ | トップページ | 猿の惑星 »

京都のお店」カテゴリの記事