« 夕暮れ | トップページ | 六角麩屋町、竜田川、そしてもう?! »

2011年10月12日 (水)

大橋歩さん

111_3_2

一乗寺の本屋「恵文社」に併設された「ギャラリーアンフェール」で「おおきなかぶ、むずかしいアボガド 村上ラヂオ2/大橋歩 挿絵版画 展」が昨日から始まりました。

雑誌「アンアン」に現在連載中の村上春樹さんのエッセイ、大橋歩さんの挿絵版画が1冊の本にまとめられており、その挿絵版画展。

挿絵と魅力的な題名を眺めているとエッセイのシーンが頭のなかにリアルに思い浮かびます。

大橋さんの挿絵には引力でぎゅーっと引っ張られるように惹かれ、想像の海が広がります。

発想が伸びやかで自由さに満ちていて、わくわく感やたのしさに満ちています。

会場には、大橋歩さんがいらっしゃって!

こんなかわいらしいサインをしていただきました ♪

「村上さんはねこがお好きだからねこを描くことが多いんだけれど、私は犬を飼っているから」と。

ローマの休日のヘップバーンのようなくるくるカールしたヘアスタイルが素敵で、とてもお上品でかわいらしいお姿とお話しのされ方。

お目にかかれて感激のひと時でした。

116

おおきなかぶ、むずかしいアボガド村上ラヂオ2/大橋歩挿絵版画 展 10月17日まで
イオグラフィック(大橋歩さんのお店)

恵文社 京都市左京区一乗寺払殿町10 075-711-5919

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 夕暮れ | トップページ | 六角麩屋町、竜田川、そしてもう?! »

京都のお店」カテゴリの記事