« 大和路への扉 | トップページ | 染まり始め »

2011年10月22日 (土)

蕎麦屋 玄

095_4

ずっと行きたかった蕎麦屋「玄」は今回の奈良行きのいちばんのおたのしみ。

格子戸の家屋が連なる古都の風情漂うならまちの細い路地奥(もう目の前に辿り着いているのにお店の場所がわからないという)に暖簾がかかっていました。

その日のお蕎麦は注文のほぼ分のみ打たれるようで、電話で予約をお願いした時に種類と枚数をお願いします。

せいろ、極細のきりっと冷えた麺、ふわりと漂う蕎麦の香り。

澄み切った極上のお蕎麦のあじわい、おいしい!

ネパールの岩塩をぱらりと落としわさびでいただいたり、こくがありながら蕎麦を引き立てるさらりとした主張しすぎないおだしにつけて、と表情の豊かさもたのしみます。

100_2

殻ごと挽いてあるいなか蕎麦。

ざるに盛られ大根おろしが添えられています。

ごつごつした力強いあじわいと思いきや、こちらも繊細なお蕎麦。

蕎麦の香ばしさがいちだんと立ち甘さが濃く感じられる、喉ごしよくつるつるっといくらでも入ってしまうあじわい。

104

そしてポタージュスープのようなとろんとろんの蕎麦湯、すっきりしたおだしと毎日でもいただきたいくらい。

こんな蕎麦湯をいただいたのは初めてでした。

106_4

そば団子は黒文字で割るとあっさりした絹のような滑らかなこしあん、あんこをつつむ皮は水饅頭のような冷たくつるりとした食感。

とてもさわやかなあじわいでした。

111_4

建物は国の重要文化財 今西家書院のはなれ。

建物や庭の風情もごちそう。

097_3

112

奈良へまたこのお蕎麦がいただきたくて足を向けてしまいそう。

全国から蕎麦職人方々が訪れる聖地のようになっている、というはなしも納得。

ちょうど発表されたミシュランの☆獲得お祝いの花が溢れていました。

115_4

玄 奈良市福智院町23-2 0742-6868

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 大和路への扉 | トップページ | 染まり始め »

奈良」カテゴリの記事