« 秋のあじ堪能 | トップページ | 少しずつ »

2011年9月13日 (火)

十五夜

108_3_2

月がきれいです。

空が群青色に澄み渡り、乳白色のくっきりした輪郭に模様が描かれた月浮かび上がっています。

涼やかな虫の音に耳を傾けながら、月光を浴びパソコンに向かう気持ちのよい夜です。

昨日は中秋の名月。

095_5

月見だんごをいただきました。

「亀屋友永」の月見だんごは、お餅がほっくりおいしく餡が上品なあじわい。

好きな和菓子でリクエスト、家人が買ってきてくれました(6つも!)。

関西の月見だんごは秋の収穫に感謝を捧げる芋名月にちなみ、こんなかたちです。

くるりとかけられた餡は、月にかかる雲を表しているそう。

104

息子は、卵色(中に白あん)、白色(中に餡)のかわいらしいまん丸の月見だんごを給食の時間に頬張ったそう。

妹の住む名古屋ではお月見どろぼう、という風習があるそうで「お月見くださいな~」「お月見どろぼうでーす」と家々をまわるとお菓子がもらえるというもの。

姪は友人と喜んで出かけ、妹はお菓子を途中で買いに走る盛況ぶりでたのしいイベントだったようです。

そんなはなしに和んだ十五夜でした。

亀屋友永 京都市中京区新町通丸太町通南入る 075-231-0282

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 秋のあじ堪能 | トップページ | 少しずつ »

京都和菓子」カテゴリの記事