« 食べもので重ねる記憶 | トップページ | 夢をみる »

2011年9月 5日 (月)

雨の日の過ごし方

039_2

週末の自転車台風に備え、いく日かこもっても家の中で過ごせるよう10月のリスのように食料を買い、DVDを借り本を抱え準備をしていました。

そして息子と作ったのは家族みんなが好きな焼売。

お手本は西陣にある小さな中華料理店「美齢(めいりん)」の焼売です(写真は全部以前伺った時のものです、以下も)。

ほんのり黄色いのはワンタンの皮を使っているから。

肉のうまみをジューシーにダイレクトに感じられるのはこの薄さにある、と家でもワンタンの皮で包みます。

生姜がまろやかに効き、葱、筍の食感がたのしい焼売を空気の入らないように包んでゆく作業は、時間制限もないし、ゆったりした雨の日の過ごしかたになかなかよいです。

BGMが息子の口づさむエグザイルの「I Wish」(運動会の組体操の歌らしい)で「アイ ウィッシュ、アイ ウィッシュ フォー ユー♪」がエンドレスで続くので(そこしか知らないよう)リズミカルで軽やかなこね具合、ふわりとした包みになりましたcoldsweats01

美齢へ行くと好きなメニューがいくつかあり、棒々鶏もそのひとつ。

蒸籠でふっくら蒸し鶏を作り、少しピリリと辛いピーナッツの入った胡麻だれも美齢のあじを思い起こしながら家で作りました。

なにせ、時間はたっぷりありますから、、、

033

ぱりっと香ばしく中からとろりとした筍や葱、豚肉をはふはふいいながら頬張る春巻きも美齢へ行ったら欠かせない。

038_2

季節の野菜と海鮮の炒め物も、野菜がこんなにシャキシャキしていておいしい!といつも嬉しくなってしまうひと皿。

家では、北海道へ行った時買ってきた干し貝柱でだしをとり、シャキシャキ野菜でスタンバイしました。

042_2

フリッター仕立てにしてある酢豚も、家で真似て作ります。

あっさりめの甘酢もお手本。

045

息子が大好きなエビチリは四川山椒が入っていてかなり辛い、けど作って欲しいリクエストナンバー1。

なのに家では、いまだにこんなふうにキレあじがよく白いごはんにのせたくなるコクがでません。

048_2

蟹とレタスのパラパラ焼飯も〆にいつもいただきたくなるひと皿。

053

美齢を訪れたのは、自転車で夜風を切って出かけるのが心地よかった7月のことでした。

だいぶ前から予約をしておかないと席がとれない人気のお店なので、最近はなかなか訪れることができず、、、(泣)

以前訪れた時の写真からあじを思い出し、キッチンで過ごしたひと時でした。

美齢 京都市上京区黒門通元誓願寺上る寺今町511 075-441-7597

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 食べもので重ねる記憶 | トップページ | 夢をみる »

京都ごはん」カテゴリの記事