« 与 勇輝 展 | トップページ | 新しいお客さま?! »

2011年9月15日 (木)

東北の手仕事を

008_3

寺町通りの「ギャラリエヤマシタ」で「暮らしのクラフト ゆずりは」さんによる企画展「東北の手仕事展」が催されています。

青森の十和田湖畔のお店は、店主である田中陽子さんが青森、秋田、岩手の3県をはじめ東北の手仕事の品々ー「日々の暮らしで使っていただけるもの」をテーマに集められていらっしゃるそうです。

今回の震災で、東北のきものや帯などの作り手の方々もとても厳しい状況に置かれていらっしゃる、手のぬくもりのある美しい工芸品を手に取れなくなってしまうなんてほんとうに忍びない、なんとかならないか…と家人の口から聞いていたところでした。

ギャラリーに入ると、繊細な絣が織り出された端正な雰囲気の山形の白たか織(御召)、ざっくりした風合いのぜんまい紬、強い撚りがかけられ独特の立体感がたのしそうな鬼しぼ御召…

ふっくりした織りのぬくもりにつつまれるのっていいな、機織りの音が聞こえてきそうでした。

また曲げわっぱ、南部鉄瓶、あけび蔓やぶどう蔓で編まれた籠、木のカトラリー、寄せ木の細工、桜皮細工、浄法寺塗のうつなど、暮らしの品々いろいろ。

自分用に買ってきたのは、紫紺のかわいらしいこぎん刺しの小物入れ。

何入れようかな。

105

青森のブナの木のうつわ、軽やかでスタイリッシュ。

いただいた葡萄とマスカットをさっそく盛ってみました。

東北の大地が育んだ美しい手仕事を日々手に取ることができ、自分のできることなどほんの心ばかりだけれど震災で被災された方の心に少しでも添わせてもらいたいと思い、帰路に着きました。

114_2

東北の手仕事展 9月24日まで
ギャラリエヤマシタ 京都市中京区寺町通三条上る 
暮らしのクラフト ゆずりは 青森県十和田市十和田湖畔休屋48 0176-75-2290

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 与 勇輝 展 | トップページ | 新しいお客さま?! »

閑休話題」カテゴリの記事