« 千住明さん~7月最後の週末に・その2~ | トップページ | 伊賀焼陶器まつり・おまけ »

2011年8月 2日 (火)

伊賀焼陶器まつり

129

夏の伊賀焼陶器まつりは多くの窯元が集まり7月最終週の週末に催される、と聞き訪れるのをたのしみにしていました。

伊賀焼のうつわに盛るとごはんがおいしそうに映る。

毎日の食卓のうつわや花器にも出会えたらいいなー。

家でも日々たのしんでいる土楽窯のうつわのコーナーは入り口すぐにありました。

作り手の方に伺いながらひとつづつ風合いの異なるうつわを手に取り選ぶのはとてもわくわくするひと時。

お皿、小鉢、急須、花器、小皿、気づけばたくさん抱えていました。

132_2

窯元さんの個性溢れる店先、ディスプレイも目を引く工夫が凝らされていたりしてひとつずつのコーナーに足を留めてしまいます。

128

お酒呑めたらいいだろうな、とうらやましくなる酒器中心のお店もあったり。

125_3

陶器市、陶器まつり、といえば私の頭に浮かぶのは京都山科の清水焼団地の陶器市や五条坂の陶器まつり(もうすぐ8月7日から10日)で、坂や道沿いにお店が軒を連ねているイメージ。

山あいにある公園のグラウンドが駐車場、なかの建物内が会場、というのもそれはそれで見て回りやすかった。

107_4

外にはちょっとしたフードコーナーや花屋さんもあり、のんびりした雰囲気。

森の空気のなかでいただいた牛すじカレーや抹茶かき氷のおいしかったこと。

これは、花屋さんに並んでいた仏手柑。

緑色のところ、初めて見たナ。

137_2

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 千住明さん~7月最後の週末に・その2~ | トップページ | 伊賀焼陶器まつり・おまけ »

三重」カテゴリの記事