« Boys Be Ambitious | トップページ | 大学散策・その3~LEPIDOPTERA (レピドプテラ)~ »

2011年8月11日 (木)

おめあてのスイーツは

288

白木の扉、はめ込まれた陶器の葉のドアをくぐれば、包み紙でおなじみのこの草花の模様が壁紙です。

287

北大近くで喫茶のある六花亭は?と尋ねたら新川の六花亭を教えてくださいました。

北海道で食べたいスイーツ、家族みんなが声を揃え挙げたのは「六花亭」。

建物の前の植え込みは夏椿、ふっくりした小さな白い花が少しまだ見えます。

家の夏椿は5月から6月だったなぁ、2ヶ月ほどゆっくりした季節に巡り会え嬉しくなってしまいます。

286

新川のお店はこぢんまりした広さ。

六花亭は、調度品やしつらえがたのしくてあちこちに目を留めたくなります。

浜木綿が透かし彫りにされたガラス窓、少しレトロな深緑色のビロード張りの椅子、アイアンでできたかわいらしいトイレットの女の人、男の人のしるし…

お腹をすかせていた息子はピザに吸い寄せられマルゲリータを。

皮がぱりぱりし、中心部はもっちりしたピザは思ったよりボリューム満点です。

ぷっくりした厚みのあるカップでいただくコーヒーは、セルフでいくらでもおかわり自由。

これが少し酸味あるさわやかなあじわいで食べ物や甘いデザートの後においしかった ♪

295

おめあては牛乳のコクをたっぷり感じられるソフトクリーム。

つるんとした少し弾力あるコーヒーゼリーも大好き。

298_2

地元の人たちが、おやつを籠に入れ買い物している姿を多く目にするのも六花亭。

そんなところも六花亭へ足を運びたくなる理由のひとつです。

そうそう、このクーラーバックで買い物している人が目に飛び込んできたのでいいなーと見ると、ポイントを貯めていただけるものでした。

京都には六花亭ないナ、道のりははるか遠そう、、、

299

六花亭

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« Boys Be Ambitious | トップページ | 大学散策・その3~LEPIDOPTERA (レピドプテラ)~ »

北海道」カテゴリの記事