« KyotoでGuide・ナイティンゲール・ホールウェイ~二条城・その1~ | トップページ | 凍れる音楽~薬師寺その1~ »

2011年8月 5日 (金)

400年前のバードウォッチング、徳川家の栄枯盛衰~二条城・その2~

118_3

二条城の唐門、二の丸御殿の車寄せ、精緻で重厚な欄間彫刻に思わず息をのみます。

鳥獣が羽ばたき、龍が踊り、百花が咲き誇る絢爛豪華さ。

二の丸御殿に足を踏み入れれば、当時は敵の侵入への防犯装置だった廊下の音、うぐいす張りの廊下もきゅっきゅと囀るナイティンゲールの軽やかな歌声のようです。

8月末まで展示収蔵館でこの二の丸御殿を彩っていた障壁画や襖絵が公開されています。

「鳥たちの宮殿」という題で、400年前のお城のなかでのバードウォッチングの雰囲気があじわえるかも。

二の丸御殿といえば、やはり大政奉還。

徳川家康が京での宿として築城から約260間、徳川家の栄枯盛衰を辿るようでもあります。

106_4

お城のなかの庭、石の多さ、その力強さがとても印象に残ります。

小堀遠州作の手による庭。

135_2

睡蓮が午後のまどろみのようで優雅に映りました。

133_3

京都で唯一のお城、お堀ばたに登れば気持ちのよい眺めがたのしめ、翠、緑をあじわえる。

タイムスリップ気分の夏の一日でした。

二条城 京都市中京区二条通堀川西入二条城町541 075-841-0096 

美豊ホームページ 
http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« KyotoでGuide・ナイティンゲール・ホールウェイ~二条城・その1~ | トップページ | 凍れる音楽~薬師寺その1~ »

京都神社・お寺・観光」カテゴリの記事