« 毎日でも通いたいところ・その1 | トップページ | 夏美人に! »

2011年7月20日 (水)

毎日でも通いたいところ・その2

128

里の駅大原、目の前の紫蘇畑を眺めた後、紫蘇ゼリー、紫蘇ジュースに惹かれる~

129_3

大原といえば紫葉漬け。

きゅうり、茗荷、茄子、紫蘇など漬けられているもののバリエーション豊か、生産者の方もいろいろ。

白いごはんがすすみそう。

紫葉漬けの太巻きも発見!

日曜朝市で人気があるのは、紫葉漬け入りのたこ焼きとか。

いつか食してみたいナ。

117_6

朝摘み、朝採りの滴るような新鮮な野菜がたくさん並びます。

産直ならではの珍しい葉ものや玉のようなブルーベリーも。

葉にくるまったヤングコーンや万願寺唐辛子や賀茂茄子、さやいんげん、オクラ。

家で蕎麦とともに天ぷらでいただいたら自然のあまみの美味しかったこと!

122_2

大原で名物摘みたての蓬でつくられる杵つきの蓬餅。

ピンク色の愛らしい紫蘇餅もありました。

124_4

佃煮の類も充実。

125_3

とりたての京北の地卵や朝焼き立てパンやクッキーなども。

131_4

家からは車で20分ほどで行くことができる!

こんな食のワンダーランド、この夏通ってしまいそう。

そして行きたいのは日曜の早朝に催されている朝市。

イートインできる屋台あり、ジビエの類の鹿、猪、地鶏、鯖街道の鯖寿司、フレッシュな野菜…

あぁ、こうして書いている間も今度の日曜こそ早起きしよう、と思ってしまいます。

里の駅大原 京都市左京区大原野村町342 075-744-4321

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 毎日でも通いたいところ・その1 | トップページ | 夏美人に! »

京都買いもの」カテゴリの記事