« 後の祭り | トップページ | 瑠璃色、そしてテンペスト »

2011年7月26日 (火)

夏の夜空

163

ぽんっ、ぽんっという空にこだます音が聞こえると、一気に階段を駆け上がります。

何か催しものや大きな会議がある時、それも予告はあまりなしに国際会館の池の縁から打ち上げられる花火の音です。

家の2階から山向こうに家屋根、電線がストライプ模様を描く間にかろうじて見えるからです。

178

ほんの10分ほどの短さだけれど、不意のサプライズを逃してはならじ!

夏の夜はいつもより耳を澄ませ過ごしたくなります。

特等席、実は北窓際の息子のベッドの上、ぎゅうぎゅう肩を寄せ合い窓から顔を出して眺めます。

京都の花火大会で有名なのは、宇治川の花火大会と亀岡のもの。

人混みに自信がないせいか、こんな家から眺める花火でじゅうぶん満足しているのでまだいちども足を向けたことはなく、、、

のんびり夏の夜空を見上げる季節になりましたね。

187_2

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 後の祭り | トップページ | 瑠璃色、そしてテンペスト »

閑休話題」カテゴリの記事