« 雨上がりの日に | トップページ | いつのまに…ピンク »

2011年6月 7日 (火)

西方の

154

訪れたのは宇治の平等院鳳凰堂。

10円玉でおなじみの翼を広げたようなかたちの建物は、藤原頼道が別荘を喜捨とし寺としたそうです。

来世は西方の極楽浄土に生まれかわりたいという平安貴族の強い願望の名残を色濃く感じることができる、と聞きまた訪れたくなったのでした。

波打ち際をあらわす州浜があり、池はあの世へ渡ってゆく水。

藤原頼道が寺とした頃は宇治川がこの前に流れており、そのほとりに建てられたとも聞きます。

167_3

今はほんのり淡いピンク色の睡蓮がぽっぽっと浮かんでいます。

190_3

小さな未草、とても愛らしかったな。

202_2 

176_3 

平等院 宇治市宇治蓮華116 0774-21-2861

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 雨上がりの日に | トップページ | いつのまに…ピンク »

京都神社・お寺・観光」カテゴリの記事