« 西方の | トップページ | 夢のあしあと »

2011年6月 8日 (水)

いつのまに…ピンク

090_2

リビングから見える窓の外は、目にしっとり潤いを感じ落ち着きたいのでグリーンと白のものを何となく植えてあるつもりが…

いつのまにか、ピンク色の一角がこの季節に出現。

ピンク色に頬染めた山あじさい、そのまわりは蛍袋、そして道ばたでよく見かける薄桃のふっくら花がわが家にも群生。

昼咲桃色月見草という名かな。

096_8

河原撫子もぽっぽと花火のように毎朝ひとつひとつ開き始めました。

隣には京鹿の子の花が植えてあるのですが、病気なのか葉っぱが白くなってしまい今年はいまひとつ。

101_3

庭のすみっこでは皐月がらっぱを吹いたようなかたちでにぎやかにあちこち向いています。

この木に這わせていた大人っぽいワインレッド色のクレマチスの花はもうおしまい、タッチ交代のように咲いています。

100_6

白い花しかない、と思っていた家の庭だけれど、いつのまにかピンク色があちらこちらに増えていました。

そうそう、夏萩も揺れ始めました。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 西方の | トップページ | 夢のあしあと »

閑休話題」カテゴリの記事