« フェルメールからのラブレター展 | トップページ | 室生寺へ・その2 »

2011年6月29日 (水)

室生寺へ・その1

196_4
「女人高野」とも呼ばれる室生寺を訪れたのは6月半ば過ぎのことでした。

奈良といっても三重に近い山深い宇陀にあるお寺は京都からは遠く、一念発起の思いで出かけ、そして大好きになったところです。

山に溶け込みながら美しい金堂や五重の塔がたたずんでいるところも、その建物にたたずむ仏さまたちも。

大好きになったところだけに思いが深く、ゆっくり書こうと思っているうちに時が経ってしまいました。

仁王門は赤と青のなんとも愛らしい仁王さまが睨みをきかせています。

門をくぐった池にはモリアオガエルの卵があちらこちらに。

ぽとりと落ちる自然産卵までもう間近だったよう。

199

穏やかな曲線描く柿葺の金堂。

美しい十一面観音菩薩像、薬師如来像、文殊菩薩像、その前を守る十二神像、圧巻でした。

204_2

208_2

苔むした明王像。

212_2

本堂で出会った如意輪観音坐像、たおやかな姿に魅了されました。

218_2

さぁ、山道へ。

室生寺 奈良県宇陀市室生区室生78 0745-93-2003

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« フェルメールからのラブレター展 | トップページ | 室生寺へ・その2 »

奈良」カテゴリの記事