« 市中の山居へ~観て座って、その1~ | トップページ | 最終回でありんす »

2011年6月25日 (土)

観て座って、その2

099

天保山の山腹にある大山崎山荘美術館を訪れました。

今「かんさいいすなうー人はすわってかんがえる?大山崎山荘にすわろうー」展開催中です。

138_3

美術館には、京都で活躍した民藝を代表する木漆工芸家・黒田辰秋の椅子作品が所蔵しされていています。

山荘内の作りつけの革張りの椅子もシンボル的存在とか。

黒田辰秋の椅子、さらに関西で活躍する工芸家の方たちの椅子が展示され、座ってみることもできる、お気に入りに1票を投じることもできます。

栗、欅、樽の木など素材もさまざまならば、かたちもいろいろ。

そっと腰掛けてみると、思いがけずどの椅子も座り心地がよかったのに驚きました。

印象に残ったのは、栗の木でつくられた佃眞吾さんのシンプルで軽やかな椅子。

美術館という素敵な場所で観るだけでなく触ってみたり座れるので、心弾む展覧会でした。

風景に溶け込んでいた「剣」という名の椅子。

131_4

安藤忠雄さん建築の新館では、くるくる渦巻くオーム貝のベンチで寝そべってモネの睡蓮を眺めました。

そんなふうに眺めたのは初めてです。

127_5

眺望のよいテラスにはヒマラヤ杉の長々ベンチに腰掛けてみたり。

122_7

長々ベンチに座り壁側は、バーナード・リーチの陶板。

109_5

108_9

やさしい光を投げかけるステンドグラス、重厚なオルゴールの調べ、民藝の香りのするシャンデリア。

そんなクラシカルな香りあふれる洋館で過ごすのは、夢のようなひと時でした。

134_3

かんさいいすなう 展 9月25日まで
大山崎山荘美術館 京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3 075-957-3123

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 市中の山居へ~観て座って、その1~ | トップページ | 最終回でありんす »

美術館・博物館」カテゴリの記事