« いくつもの週末~その1~ | トップページ | 雨上がりの日に »

2011年6月 6日 (月)

いくつもの週末~その2~

085_5

江國香織さんの新婚生活が綴られたエッセイ集「いくつもの週末」。

その題名をよく思い浮かべてしまう週末という時間。

みんなで過ごす週末、あといくど過ごすことができるだろう、
そんな想い出のあまいアメ玉をおばあちゃんになったら、そっと瓶から取り出してきらきら光にかざして眺めるんだろうな、と。

そんなわけで釣りはできなくとも、みんなと過ごしたくてこの日もついてゆく。

鮎漁は解禁になっていて息子はずっとうずうず、滋賀県の知内川へ。

089_2

どうやら鮎が登ってくる琵琶湖近く下流に梁が仕掛けられているようで、よく捕れる時はぴちぴち跳ねる鮎が銀色にきらめく川の流れ、目を凝らせど何も見えない。。。

奇跡的になぜかたった1匹釣れて(!)すぐに放しこんな日もあるサ、と帰路に着きました。

私は、水の張られたばかりの田んぼのまわりを歩いたり、

098_2

蓮花を見つけたり、

109_5

ゆらゆら揺れる小判草を鳴らしてみたり、

096_8

愛らしい花だけれど、近づくと痛いあざみ。

スコットランドの国花、このトゲにより外敵から国を守ったからだそう、というのは頷けます。

111_4

景色を眺めたり、釣れた?と覗きに行ったり、音楽聴きながら本開いたり。

こんな、なんてことのない週末がいくつも過ごすことができることがとても愛おしい、そんなことをこの日も思いながら6月初めての週末を過ごしました。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« いくつもの週末~その1~ | トップページ | 雨上がりの日に »

閑休話題」カテゴリの記事