« いくつもの週末~その2~ | トップページ | 西方の »

2011年6月 6日 (月)

雨上がりの日に

140

轟音立て渦巻く宇治川。

前日に土砂降りの雨が日がな一日中降った後だったので、川のすぐ横を通った時には、落ちたらひとたまりもない、というおそろしいような濁流でした。

琵琶湖からの水が豊かに注がれる宇治川、この日は橋も覆ってしまうのではというほどの水量。

138_2

源氏物語の宇治十帖に出てくる「夢の浮橋」をバックに紫式部の像がほほ笑み(?!)ます。

源氏物語の最末尾後半は宇治を舞台にしていることが多いため、宇治十帖と言われているんですね。

そんな参道を通り向かったのは。。。

141

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« いくつもの週末~その2~ | トップページ | 西方の »

京都の道」カテゴリの記事