« 桜田さんにて・その2 | トップページ | 雨の日のあれこれ »

2011年6月20日 (月)

魔もの

158_4

少し前に家人がただいま~とともにハイっ、と私に差し出したもの。

カメラの三脚。

この季節にどうしても撮りたいなぁ、と夜に舞う光を捉えてみたくて、ぼやいていたのを聞いてのプレゼント。

で、夜の帳の降りてから三脚かつぎぶらぶら。

3分で蛍火の舞う紫陽花の川、下鴨疎水へ向かいました。

どんな取り扱い説明書も読んだことのない私、家人に三脚を設置してもらう。

カメラの露出などの設定ももちろんよくわからないので、家人にしてもらう。

トリセツを出かけ間際に一生懸命読む家人。

ふわ~り、ふわ~り舞う優雅な景色、あっちにこっちに試行錯誤し1時間あまり。

自転車はライト点けて走りゆく、自動車も。

背景ずっと静かな神社などじゃないとムリだって最初から言えばよかったなぁ、、、と蚊にさされた足を掻きながら、シャッターだけ押そうする私。

結局1枚も撮れず帰ってきました。。

カメラのファインダーをのぞいた世界にもう衝動的にときめいてしまう、

で、撮った写真を見てため息つく私に、「はじめての一眼レフ」、「はじめてのカメラ」などずらずらカメラ本を買ってきてくれる家人。
(本、埃かぶったまま開いてない、、、)。

あ~、この三脚も埃をかぶる日が近そう。

それにしても、なんでこんなにカメラに取り憑かれちゃうんだろう。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 桜田さんにて・その2 | トップページ | 雨の日のあれこれ »

閑休話題」カテゴリの記事