« One Day Trip | トップページ | 太田の沢へ、ふたたび »

2011年5月14日 (土)

高山寺・石水院~明恵上人の足跡をたどって~

119

京都駅から車で1時間ほど、北山杉がすっくと山を覆う栂尾山にある高山寺へ向かいました。

高山寺の創建は奈良時代の終わり、一時荒廃したものの鎌倉初期に後鳥羽上皇の命を受け明恵上人により再興された古刹です。

明恵上人が学問所として賜った石水院は、優美な建物が滴るような緑に包まれるみずみずしさにいつまでもたたずんでいたい場所でした。

入ってすぐに出会うのは、手をあわせる善財童子の像のシルエットが新緑のなかに浮かび上がる風景。

117_4

縋破風(すがるはふ)という手法の庇や透かし彫り、その美しさに魅了されました。

122_7

明恵上人がそばに置きいとおしんだ、といわれる木彫の子犬の像からは、上人の人柄が伝わってくるようです。

129_2

日本最古の漫画といわれる鳥獣戯画は、ユーモラスな表情に目を奪われっぱなし。

131_4

明恵上人は宗派や教説にとらわれることなく、無欲を教えた仏弟子として知られています。

初めて知ったのは、19歳から亡くなる1年前の49歳まで書かれた夢之記を心理学者河合隼雄さんが分析しひも解いている「明恵 夢を生きる」の本で。

そんなわけで、ずっと会いたかった人の足跡を辿るようなひと時でもありました。

132_3

134_2

高山寺 京都市右京区梅ヶ畑栂尾町8 075-861-4204

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« One Day Trip | トップページ | 太田の沢へ、ふたたび »

京都神社・お寺・観光」カテゴリの記事