« 法隆寺で出会った花々たち | トップページ | あをによし »

2011年5月 8日 (日)

法隆寺あれこれ

124_4

1400年もの間、睨みをきかせ寺を守る仁王像は日本最古だそうで、前から眺めても門をくぐり背中から見つめても大迫力です。

法隆寺、何がいちばん印象に残った?とお互いに尋ね合うと…

息子がまず挙げたのは、こんないかめしい顔をした像たちが支える五重塔。

闇に浮かび上がった塑像群、どうやって建てられたか知りたくなる建物、迫力感じたそう。

126_5

私は、百済観音像。
すらりと優美な姿、柔和な表情が忘れられなくなりました。

ガイドさんが玉虫を持ってらして懐中電灯で照らしながら8000枚もの羽根で宝飾されていたかつての姿を思い起こしたくなる玉虫の厨子、ガイドさんの心弾む演出で息子のハートを鷲づかみにしました。

そんなことをおしゃべりして帰路についた最後、南大門のおしまいの鬼瓦ひとつは獅子でもうひとつは留め兎でした。

163

161 

さぁ、明日は友人からおすすめ!と聞いている明日香村へ行きたい、と話していたのですが。。。

さてさて。

法隆寺 斑鳩町法隆寺山内1-1 0745-75-2555

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 法隆寺で出会った花々たち | トップページ | あをによし »

奈良」カテゴリの記事