« 里帰り桜、細雪 | トップページ | 親鸞展へ »

2011年4月15日 (金)

春の白

097_6

まとまりのない、そして気まぐれでてきとうにしか手入れしていないわが家の庭。

そんな庭でも白、それも純白には目を奪われます。 

純白も春の息吹伝える緑あるから美しい、そんなこと感じるこの頃です。

小さな菫は桜の根の張るもとで縫うように群生してます、小さいけど力強し。

昨年咲いた花をそのまま放ってしまったので(汗)、茶色のガクと一緒にほほ笑む早月梅。

ころんとした蕾みも愛らしいです。

095_11

やわらかそうな若草色の葉と小さな花々が揺れる白い枝垂れ雪柳。

日当たりがよくないので小さなまま。

092_9

黄緑色のドットがくるりと散りばめられた鈴、おいしそうな名前の花スノーフレーク。

下鴨疎水では見事な群生、いつかそんなふうになったらいいナ。

122_7

ラナンキュラスもあっという間に次々蕾から花開きます。

春は足が速い!

106_2 

そして最近、高倍速の映像でもみるようにめきめき芽吹き釣り鐘を鳴らし始めた満天星躑躅。

燃えるような紅葉も美しかったけれど、春の可憐さも格別です。

124_5

あたたかなコーヒー片手に庭に出る朝が元気をくれる芽吹きの春。

庭でうぐいすの麗しい声が響くようになりました。

いつもの年は最初おぼつかない鳴き方がだんだん上達してゆくのに耳を傾けるのですが、今春は最初から上手!

どこかで練習してきたのかナ。。。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 里帰り桜、細雪 | トップページ | 親鸞展へ »

閑休話題」カテゴリの記事