« 春の黄色 | トップページ | 春のピンク »

2011年4月12日 (火)

山の春

155_4 

山道に鈍る足留めて見上げれば、天上から降りそそぐ花あり。

ただでさえ蝸牛のような足どりだったのに、神さまがくれたプレゼントのような景色に足から力が抜けてしまった~

如意ヶ獄(大文字山)を登る道中のことでした。

すぐそばの哲学の道では桜満開のこの季節に登ったのは初めてだったので、椿にこんなに出逢うなんて思ってもいなかった。

手が全然届かない遠く高いところに咲き乱れていて、望遠カメラでぎゅーっと寄ってもこんな遠景のようにしか見えない。

120_7

京都の街が見晴らせるくらい高いところまできたら、春の風嵐。

芽吹いたばかりの新芽もびゅうびゅうしなって。

129_9 

葉が先に顔を出す山桜はまだ葉も見えず、固い蕾みがほんのり色づくほどでした。

山桜越しの京都の街もいつか眺めてみたくなりました。

139_5

145_3

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 春の黄色 | トップページ | 春のピンク »

京都の道」カテゴリの記事