« お気に入り、ふたつ | トップページ | 0.1以下の世界は »

2011年4月21日 (木)

本を読んだ後は

034_2

いるといつまでもゆらゆらくつろいでしまうオアシスのような本屋「恵文社」から歩いて30秒ほどのカフェ「つばめ」。

ぶらり本屋の後、時々コーヒーを片手にほっとひと息つきます。

深煎りのコーヒーはオオヤコーヒーの豆が使われており、強い存在感、パンチある香りに覚醒。

お店は、芸大出身の女性がおふたりでされていて、揚げ物のぱちぱちはぜる音やまな板のトントン刻む音が響いてきたり、時おりおふたりのおしゃべり声も混じっていたりで誰かのおうちにいるような雰囲気。

カフェにもいろいろな本が置かれていて、この日手にしたのは恵文社が執筆している本「本屋の窓からのぞいた京都」。

その中で、「つばめ」は「恵文社のスタッフのオアシス」と紹介されています。

恵文社スタッフから見た人、店、おいしいもの、街の風景、作家さんなどが綴られていて街の香りが漂ってきそうな本で読み入ってしまいました。

035_2

038_3

つばめ 京都市左京区一乗寺払殿町30-2 075-723-9352

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« お気に入り、ふたつ | トップページ | 0.1以下の世界は »

京都スイーツ・カフェ」カテゴリの記事