« 新しいもので新たな気持ち | トップページ | 帰り道 »

2011年4月18日 (月)

花の忘備録

244

好きな花、目に留める花は今年も昨年もその前もだいたい似ているのに、植えたら忘れてしまったりするので、また同じ花を抱え植えていたりします。

そんなわけで私の忘備録。

ちょっと長いですが。。。

昨日、家の庭のシャガが咲いた ♪
ひらりとレースのような可憐な花びら、清廉な白、大好きな花。

4月おしまい頃に鞍馬山を登る道を歩くと、出会える日陰に咲き乱れた清楚な花々を訪ねたくなります。

そしてこの前お茶の稽古のお床の掛花は、花筏とすらりとスマートな淡いピンク色椿の蕾みで新緑の季節を感じさせてくれました。

家の花筏は?と覗いてみると愛らしい小さな花を葉の上にのせていました。
雄株、雌株、近くに植えてあります。

247

いつもあちこちに植え替えられ定位置のない大手鞠。
この春初めて蕾を見せてくれました、ぽんぽん手鞠、たのしみ~

丸みを帯びた葉脈くっきりの葉もかわいらしいナ。

251_2

鉢植えの藤にも、初めて枝垂れた蕾のようなもの発見。
枝ぶりごつごつした小さな藤の木、紫色かんざし見せてくれるのでしょうか。

252

ピンクのたいつり草のぷっくり膨らんだ蕾見つけた!

250_2

葉が伸びてきてやっとわかったおだまき、何色だったかしら?

339

花の名を忘れてしまった…
小さな小さな薄紫の花、とても精巧で見とれてしまいます。

125_8

黒百合にも蕾み。
黒牡丹、蝮草、翁草、座禅草、延齢草…黒い花に惹かれてしまいます。

254

春の庭は脈打つ音が聞こえてきそうなほどの息吹のにぎやかさ。

その花のいちばん好きな場所を見つけてあげたいのに、わからなくて右往左往。

まずは、花の札でも作ろうかナ。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 新しいもので新たな気持ち | トップページ | 帰り道 »

閑休話題」カテゴリの記事