« 夏の予感 | トップページ | メイド イン 気仙沼 »

2011年4月26日 (火)

賀茂競馬会(かもくらべうま)の

272

日曜日に上賀茂神社を通りかかったら、5月5日に行われる葵祭の神事のひとつである賀茂競べ馬の練習中でした。

平安時代から続く神事は2頭の馬のマッチレース。

すぐ目の前で蹄の音轟き疾走してゆくレースは大迫力 ☆

コースわきの埒(らち)と呼ばれる柵には青柴が巻かれることから柴垣埒とも言われ、埒外(らちがい)という言葉はこの柵のことからきているそうです。

ここで勝負あり !の「勝負の楓」。

262

そして、葵祭では勅使や供奉者の衣冠や御所車、牛車などすべてを双葉葵で飾ります。

愛らしいハート型の葉は文様としてもよく見かけますね。

250_2

神山をかたどった立砂の奥は細殿、その向こうの朱色の楼門のたもとに奈良(楢)の小川が流れていて、葵祭のヒロイン斎王代がさまざまな神事を行います。

241
葵祭を境に、京都は初夏への扉を開ける気がします。

上賀茂神社 京都市北区上賀茂本山339

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 夏の予感 | トップページ | メイド イン 気仙沼 »

京都神社・お寺・観光」カテゴリの記事