« 週末の過ごし方~その2~ | トップページ | うるわしの色 »

2011年2月14日 (月)

麻生三郎 展

037_2

京都国立近代美術館で催されている「麻生三郎 展」、しばらく前に訪れました。

絵画の本質を粘り強く研究し続けた画家、麻生三郎。

東京に生まれ、画道を志しヨーロッパを旅し、戦時下の困難な時期も個を貫き、戦後は人間存在の核心を追い求めた…

画家の一生を旅するように作品のなかを歩くと、画家の想いに包まれ、漲る圧倒的な情熱のシャワーを浴びるよう。

特に初期の素描や油絵、肉筆感伝わってきてぬくもりがありいいな、と眺めました。

Saburo3 

そして常設展で嬉しい出会いが!

大好きな画人、池田満寿夫さんの版画が飾られた一角。
Masuo

おおらかで自由な空気をまとった池田さんのことを思い浮かべました。

こんなよく晴れた日に(4階常設展のロビーの窓から)。

042_3

麻生三郎 展 2月20日まで

京都国立近代美術館 京都市左京区岡崎円勝寺町

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 週末の過ごし方~その2~ | トップページ | うるわしの色 »

美術館・博物館」カテゴリの記事