« お茶会ふたつ | トップページ | お茶会ふたつ2 »

2011年2月17日 (木)

天神さんの梅

142

仰臥する牛に白梅が香り立つ北野天満宮。
先週の休日に訪れました。

梅はまだほころび始め。

急に小雪が舞ったかと思うと、次の瞬間光がさぁっと顔を見せてくれたり、寒さに震えながらあまい香りに早春をほんのり感じました。

155_2

梅を愛し、牛に縁の深かった菅原道真が祀られている天神さん(丑年生まれだったとか)。

神のつかいである牛があちらこちらで迎えてくれ、梅の季節の境内は梅の波、梅林はなんともふんわりした香りのなかを歩くことができ満天空を仰ぐよう。

天神さんの紋は梅。
あちらこちらに愛らしい紋、ちょっと足をとめてしまいます。

165

「東風吹かば 匂い起こせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」
都の香りを太宰府へ届けておくれ、という道真の切ない想いが伝わってくる歌は、ここに立つと口ずさみたくなります。

道真を慕ってひと晩のうちに太宰府へ飛んでいったという太宰府の天神さんの飛梅。

いつか訪れてみたいな、と今春も思ってしまいます。

171_2

今月の25日には梅花祭が催され、上七軒の舞妓さんや芸妓さんが点てる野点茶会もあるそう。

この頃には見頃かな。

186_2

北野天満宮 京都市上京区馬喰町

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« お茶会ふたつ | トップページ | お茶会ふたつ2 »

京都神社・お寺・観光」カテゴリの記事