« クレメンティア | トップページ | 光琳の梅~2011~ »

2011年2月22日 (火)

ヒヤシンスブルー

Img_0157

アイアンで編まれた古い掛け籠にヒヤシンスを入れてみました。

清らかなであまい香りが立ちのぼり、春の気分に包まれます。

ヒヤシンスブルー、を眺めながら画家フェルメールの画の色を思い描いていました。

少し前に観た映画「真珠の耳飾りの少女」、まだ余韻が残っているくらいとても印象に残っています。
どこを切り取っても1枚の画のような映像の美しさ、いつも散りばめられているフェルメールブルー、フェルメールのいた頃のデルフトの風景、雪の白、窓から挿す光。

「真珠の耳飾りの少女」の画の誕生ストーリーは、召使いの少女の才能を見抜いたフェルメールとの関係にもどきどきしながら観ました。
Sinjyu

そして現在30数点が確認されてい生涯で40点弱ほどの作品しかないといわれるフェルメール。
その幻の画「ヒヤシンスブルーの少女」(仮説)をめぐる小説や海外ドラマがあると知り、今手に取ってみたくて仕方ありません。

Hiyasinsublue

フェルメールブルーのなかのヒヤシンスブルー。

そんなブルーが描かれた画をぜひ目にしてみたいものです。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« クレメンティア | トップページ | 光琳の梅~2011~ »

閑休話題」カテゴリの記事