« なつかしいもの | トップページ | 1℃の世界 »

2011年1月 7日 (金)

新春色

101

わぁ、かわいい~♪

家人がいただいたお年賀のお菓子。
洛中にある「二條駿河屋」のもの。

桃色のうさぎがかたどられた和三盆の干菓子、思わず顔がほころび縁起もののようにいただきます。

薄氷をしゃくしゃく食むようにいただく寒天の干菓子、明るい色に華やいだ気分に。

新春色の竿菓子は、とてもあっさりしていて上品なあじわい。

京都の和菓子屋さんってたくさんあるけれど共存共栄できるのは、お互いに尊重し合いそれぞれ独自のものをつくろうとするから、と伺ったことがあります。

和菓子って、季節を五感で満喫できるライブ感のある宝石のよう。
職人さんの技をいただいている気持ちになります。

102_2 

二條駿河屋 中京区二条通新町東入る 075-231-4633

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« なつかしいもの | トップページ | 1℃の世界 »

京都和菓子」カテゴリの記事