« 海を渡った古伊万里展 | トップページ | 雪解けて春 »

2011年1月17日 (月)

雪の日のすごし方

089_2

強い冬型の天気図になった昨日のこと。
朝から雪が舞い始めました。

まだ紅く染まっている庭の鉢植えもみじはわたぼうしをかぶり紅白、朝から空を何度も仰ぐ家人と息子です。

家人は初釜にお招ばれで大徳寺へ、緊張感に包まれながら辿り着けるか心配そう。
息子は、雪遊びがしたくて完全装備を揃えて前日からわくわく。

初釜から帰って来た家人、雪景色の大徳寺はとても風情があったそう。

「瓢亭」の笹巻き寿司は、おすそわけ(?!)
093_3

そしていただいたもののひとつ、松山市「西岡菓子舗」のお菓子「つるの子」。

ましろの雪のようなお菓子です。

ふわふわのマシュマロとメレンゲをいただくような皮、その中から黄金色の卵クリーム。
いただいているだけで溶けてゆきそうな、しあわせなあじわい。

近くの公園で、頭のてっぺんから足先まで雪まみれになって雪にいくどもダイブしながらふらふらになるまで雪合戦した後にぱくりと頬張ったおいしさといったら!

097_5

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 海を渡った古伊万里展 | トップページ | 雪解けて春 »

閑休話題」カテゴリの記事