« 春よ 来~い ♪ | トップページ | 冬の味方 »

2011年1月30日 (日)

春うらら

099
真っ白つやつや♪

浜松の砂地を土壌に育った白玉ねぎ。

春を届けていただきました。

こんなに鮮度よいぴちぴちの玉ねぎ、薄くスライスしてサラダに、生の食感いかした親子丼、最期にふわりと放つ香りとびきりのスープ…

包丁を入れると、気持ちよいほどサクサク、やわらかでもう切っている時から水分が滴るみずみずしさ。

玉ねぎ特有の辛みがあまりなく、甘みがぐぐっと感じられる玉ねぎ。
ひと足もふた足も先に、身も心も春を存分に感じさせてくれます。

104_5

くんくんいい香りに包まれながら鍋を覗くキッチンの最近の友はこれ。

高峰秀子さんの本。

名文に酔いしれながら、キッチンにいるひと時は心も満たされます。

本の表紙の装画は、「アンノー」と高峰さんが呼び朋友だった安野光雅さん(おふたりの掛け合いはお腹を抱えて笑ってしまいます)、
その親交が本1冊に綴られている梅原龍三郎さん。

表紙を手に取ってもわくわくする嬉しさです。

122 

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 春よ 来~い ♪ | トップページ | 冬の味方 »

閑休話題」カテゴリの記事