« 第4日曜日に | トップページ | じき宮ざわ »

2011年1月25日 (火)

立春大吉

085_5

仙太郎の「節分過道 老玉」。

もうすぐ節分、立春大吉のお菓子いただきました。

重箱のような箱にぎっしり、真ん中にはきんとん、そしてつやつやの老玉。

絹のようにさらさらのきんとんはこぶりであずき餡と抹茶餡。
鬼の目を連想させる豆が、お茶目な表情を感じさせてくれ思わず和みます。

老玉の艶やかな外側の正体は、黒糖。
なんともふんわり香ばしく、中身からはとてもあっさり上品なあじわいのこし餡が飛び出します。

091_5 

この前お正月を迎えたと思ったら、気づけばもう1月も後半。
如月はすぐそこ。

「鬼は~外、福は~内」
元気な掛け声とともに春を迎える日が心待ちです ♪

仙太郎 京都市下京区寺町通仏光寺通上る 075-344-0700

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 第4日曜日に | トップページ | じき宮ざわ »

京都和菓子」カテゴリの記事