« 春を待つ | トップページ | きものヴァンサンカン »

2010年12月11日 (土)

関西風って

021

「杉焼き」、「鍬焼き」などの字も当てられたといわれるすき焼き。

私の実家は関西ではないけれど、最初に肉を焼いていただく関西風のすき焼きを小さい頃から食べていました。
母が京都の「三嶋亭」でいただいた時に、こんなにおいしいいただき方!と感動して以来、すき焼きは関西風。

この写真は、大丸京都店のイートイン「三嶋亭」でいただいたすき焼き。

鉄板の上に白たき、麩、野菜なども一緒にあつあつ、じゅうじゅうと音を鳴らしながら出てきます。

022

網焼きは、食感をたのしめる厚みのある肉。
醤油ベースのあっさりしたタレに粒胡椒があじわいにアクセントを加えてくれます。

018_2

さらりと暖簾をくぐりカウンターでいただけるお店は、おひとりさまも気軽にいただけます。。

017

寺町の本店は、歴史感じさせてくれるような風格ある店構え。

この前を通ると、ついついショーケースの肉の前で足が留まってしまいます。。。

017_2 

三嶋亭

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 春を待つ | トップページ | きものヴァンサンカン »

京都ごはん」カテゴリの記事