« フランスのエスプリ | トップページ | 12月の朱、紅 »

2010年12月 5日 (日)

年初めの縁起もの

009_5

「柳桜園茶舗」にていただいた一服。

香りがふわりとほどけ、こっくりほろ苦くまったりした甘いあじわい。
思わずふぅーっと肩の力が抜けてゆきます。

いただいたのは大福茶。

その昔都に疫病が蔓延した時、空也上人が梅干を入れたお茶をふるまうと疫病が下火になったことが由来といわれるお茶。
それからは無病息災を祈り、めでたい元旦にいただくようになったとか。

名前が耳に福々しく、こんなにとろりとしたお茶、年初めにいただいたら縁起がよさそうです。

011_3

マスクをかけたお店の方がされていたのは、薄茶を缶に詰める作業。
手作業でされていることに驚きました。
目に鮮やか美しい抹茶色に目が釘づけ ♪

015_4

010_3 

最近よくいただくほうじ茶ラテはからだがぽかぽかすぐに温まります。
香ばしい「香悦」でいただくのがおすすめ。

014_2

なんて賑やかにおしゃべりしながら、京都へやってきた友人と一緒にいた買い物時間でした。

012_2

柳桜園 京都市中京区二条通御幸町通 075-231-3693

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« フランスのエスプリ | トップページ | 12月の朱、紅 »

京都のお店」カテゴリの記事