« 浄化、新しい息吹 | トップページ | 寒い日には »

2010年11月26日 (金)

はんなり色の

086_3

舞妓さん、芸妓さんが身につけるものを思い浮かべるようなはんなり色のお菓子。

口のなかでふわりと溶け、お菓子の名のとおりふうせんのように儚い。

かわらしく香ばしいお菓子、「末富」の「華ふうせん」。

裏の焼き印は、お願いすればつくってくださるのでお祝いなどに用いられる方も多いとか。

箱もかわいらしい、
ちょっとおちょぼ口でいただいた午後のお茶のひと時です。

085_5

末富 京都市下京区松原通室町東入る 075-351-0808

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 浄化、新しい息吹 | トップページ | 寒い日には »

京都和菓子」カテゴリの記事