« おめでたい意匠 | トップページ | 今 見頃です »

2010年11月23日 (火)

師走の風物詩

120_5

今年も紅白の鞠、福玉が店先に並ぶ季節になりました。

福玉は、年の瀬に舞妓さんがお茶屋さんに一年の挨拶回りに行く際に、お茶屋さんからお年玉替わりにもらうものだったそうです。

大晦日に除夜の鐘を聞きながら、開けるたのしみな花街の風習。

098

鞠の皮は薄いもち皮でできており(食べられる)、中にはそれぞれ異なる縁起物が入っています。

今では、この鞠を作れる職人さんが減り、4軒のみだとか。

年の瀬を彩る祇園の風物詩。

この福玉、実際にいちど開けてみたいナ。

何軒かのお店で買えるそうです。

切通し進々堂 京都市東山区祗園町北側254 075-561-3029

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« おめでたい意匠 | トップページ | 今 見頃です »

京都季節行事」カテゴリの記事