« ドレスやワンピースのように | トップページ | はんなり色の »

2010年11月26日 (金)

浄化、新しい息吹

092_7

この季節の朝のひと仕事、それは落ち葉掃き。

今日もほうきを持つ手にはらはら葉が落ちてきます。

黄金色の葉をかき集めるのは、ぽかぽか秋の日には気持ちよいひと時、
吐く息白い冷たい日には上を見上げ、いっそ全部落葉してから掃こうか…と少しうんざり。

1年を通じて何度も開く本カレル・チャペックの「園芸家 の12ヶ月」の11月のページには、

木や潅木が秋に裸になるのは、視覚上のイリュージョンにすぎない。
木も潅木も、翌春ひろげて伸ばすものを、枝という枝にぎっしりばらまいているからだ、と。

準備された新しい息吹に心を傾けながら、ほうきを握ることにしましょうか。

紅枝垂桜が見えるキッチンからの黄金色の窓、とってもいい景色なんですけどネ。

087

気づけばもう、12月。
クリスマスプレゼント選びに行った「ANGERS」で息子に買ってきたスパチュラ。
クリスマスケーキ作るそうな。。。

180_2

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho



|

« ドレスやワンピースのように | トップページ | はんなり色の »

閑休話題」カテゴリの記事