« 御所の秋 | トップページ | またまた明日から?! »

2010年11月12日 (金)

照葉、冬の足音

089_2

庭で摘んだり、拾った照葉。

やわらかな陽射しを受けると、葉が燃えるように輝きを増す。
いつの間にか秋の盛り。

北白川の「草原カフェ フローリスト ブロカント」で見つけたブロンズ色の花器にいれて。
地中海の方で使われていた酒器のレプリカだそう。

ほんのりした色の椿が今、わが家では満開。
御幸町通りの骨董や「尾杉商店」から抱えてきた瀬戸焼の塩壷に入れてみて。
ぷっくりしたつまみのついた蓋もあります。

093_3

お茶の稽古のことを思い出しながらの昼下がり。

お茶のお正月といわれる炉開きの掛花は照葉と椿でした。
秋の盛りを感じさせてくれる照葉と凛とした冬の足音を聞くような椿の取り合わせ。

火に親しむ季節が来たんだな、とちょっと背筋をピンと伸ばしながら亥の子餅をいただきました。

このお菓子大好き ♪

そうげんカフェ フローリスト 京都市左京区北白川上終町10-2.  075ー724ー4046
尾杉商店 京都市中京区御幸町通三条下る 075-231-7554

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 御所の秋 | トップページ | またまた明日から?! »

閑休話題」カテゴリの記事