« 季節のくだもの | トップページ | 陽だまりのなかでのお茶時間 »

2010年10月28日 (木)

名残惜しく

114_5

フォトジェニックな鮮やかさにレンズを向けた鶏頭の花。
またの名を韓藍(からあい)。
万葉の頃に渡来した名だそう。

華の稽古へ行った時、鳥がどうしても苦手な華友の顔を思い浮かべて。。。
(この日は会えなかった(涙))

花材は、すすき、吾亦紅、藤袴、めずらしいピンクの竜胆、鶏頭。

101

鶏頭っていろいろな種類、色があるんですね。
私の選んだのは、畑などに咲いている尾のようなかたちの黄色のもの。
(これなら鳥は連想しないんじゃない??!)

103_3

木枯らしいちばんと冷たい雨の後の晴れ間。
陽光さんさんと浴びた花がきれいで!

110_5

117_8

華の稽古はしばらくお休み。
こんなに好きな時間がしばらく先ってほんとうにさみしい。
みんなに会えないのもさみしい。

花と向き合っている時って集中してるだけでなんにも考えてない。
そんな時間が持てるのはとてもしあわせなこと。

またしばらく後の次のお稽古を心待ちに日々過ごしましょう。。。

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 季節のくだもの | トップページ | 陽だまりのなかでのお茶時間 »

お稽古のこと」カテゴリの記事