« 秋晴れ | トップページ | 波打つ白銀の世界 »

2010年10月12日 (火)

秋空を抜けて

355

空高く、澄み渡る空気に吹かれながら向かったのは白銀、黄金の地へ。
信楽から伊賀上野、名張を通り、奈良の曽爾高原へ。

途中で出会ったのは、信楽のたぬき村のたぬきたち。
昨日は信楽焼祭り、後ろ髪引かれつつ。
表情さまざま、親しみ涌く大勢のたぬきに手を振り…

のどかな景色に魅了される伊賀焼のふるさと、丸柱。
道なりに揺れるすすき、お茶目なかかしも!

347

小さな赤い鉄橋を渡った先は名張の青蓮寺ダム。
鏡のような水面に映る景色、秋は鮮やかでしょうね。

370

車一台すりぬけられる深い森、切り立った山肌のなかを抜けると奈良の曽爾村。

384

375

2時間あまりのドライブは秋のページをいく枚もめくってゆくようで、小さな旅のよう。
さぁ、銀色の波のなかを歩くのだ~

美豊ホームページ http://homepage3.nifty.com/bi_ho

|

« 秋晴れ | トップページ | 波打つ白銀の世界 »

京都以外」カテゴリの記事